>>前の画面に戻る

ラジエーターキャップを開ける時はエンジンが冷えてからにして下さい。オーバーヒートした時など、冷却水は非常に高温になっているため、すぐにキャップを外すと圧力で冷却水が噴き出してくることがあるのです。冷却水の補充などでラジエーターキャップを外すときは、必ずエンジンが冷えてからにしましょう。 
また、通常の補充はリザーバータンクへ補充しましょう。鎌田自動車では、冷却水の量点検を無料で行っております。