>>前の画面に戻る

バッテリーが上がってしまって、エンジンがかからない。けれどなんとかしてクルマを動かしたい。そんな時はほかのクルマからバッテリーの電気をいただくのが一番確実な方法です。
これはジャンピングといって救援車のバッテリーの力で、バッテリーが上がってしまったクルマのエンジンをかけるというもの。
方法は簡単で、救援車のバッテリーと故障車のバッテリー(マイナスはエンジン本体に接続)を市販のブースターケーブルでつなぐだけです。その上で普段どおりにキーをひねればエンジンはブルンと掛かるハズ。
簡単とはいっても注意は必要です。絶対にプラスとマイナスを間違って接続してはいけません。バッテリー本体にはそれぞれの端子の近くにプラスとマイナスを表示してあるので必ず確認しましょう。通常はゴム製の赤いカバーをしてあるほうがプラスです。赤色のケーブルはプラス用、黒色はマイナス用と覚えておけば安心です。
そして接続手順にも注意してください。赤色ケーブルで故障車のプラス→救援車のプラス。次に黒色ケーブルで救援車のマイナス→故障車のエンジン金属部分につなぎます。最後にエンジン金属部分なのは、クリップをくわえさせる時にバチッと火花が出ることがあるため、可燃性ガスを出すバッテリーからなるべく遠ざける意味もあります。落ち着いて確実に接続しましょう。ビックリしてほかの部分に触れたら、最悪の場合ショートして火災を起こしてしまいますからね。救援者のバッテリーとブースターケーブルでつないで始動させ、高回転を 保って電気を蓄えればその場は脱出できます。
無事に故障車のエンジンがかかっても、バッテリーは弱っているので電装品の多用は避けてください。しかもこの状態では一度エンジンを止めた場合、再びエンジンが掛かるとは限りません。しかし、あくまでその場しのぎであるため、早めに点検に出すか、思い切って交換することをお勧めします。 
(但し、寿命が終わったバッテリーは充電しても使えません。これで動かなければバッテリーに寿命がきたということです。)