>>前の画面に戻る

交換用のハロゲン球(バルブ)に素手で触らないように!!
多くのクルマに採用されているハロゲン(球)バルブを素手で触ると、数ヶ月でライト切れになる恐れがあります。これは、バルブのガラスに付着した皮脂の部分が、ヘッドライト点灯時に異常に高温になるためです。
せっかく交換したのに、すぐにバルブがダメになってしまうのでは意味がありませんね。絶対にガラス部分には触らないようにしましょう。