>>前の画面に戻る

一時的に仮ナンバーを取得すれば大丈夫です。
車検が切れたクルマは、決して運転してはいけません。車検がないということは無保険、つまり自賠責保険(自賠責)も基本的に適用されないクルマということですから、そのままの状態で路上を走ることは絶対にNG!もしも車検が切れている状態で運転すると、いきなり免停(!)。思っているより重大な違反なのです。
それでも、車検に出すのにわざわざ専用のレッカー業者を頼む余裕がないとか、工場まで自走で持ち込みたい。そういう場合は、いわゆる仮ナンバーを取得すれば、合法的に移動させることができます。
仮ナンバーは、検査などの理由で車検切れのクルマを整備工場などに回送する場合に限り、例外としてその運行を認めるものです。従って、証書に明記された有効期間、経路、目的以外の運行(運転)は当然できません。仮ナンバーは、基本的にそのクルマの車庫証明がある地域の市町村、あるいは区の役場から発行されます。窓口にある申請書に住所、氏名、車名、形状、車体番号、運行の目的、運行経路、運行期間などを記入し、運行期間を満たしている自賠責保険証書、車体番号を確認するための車検証を添えて申し込みます。また申請者の印鑑(認め印)も必要です。なお、申請手数料は東京都の場合650円です。事前に電話で問い合わせれば、必要なものは教えてもらえるはずです。
仮ナンバーは、審査後すぐに交付されますので、申請はクルマを運びたい当日か、前日で大丈夫です。許可日数は最長で5日間ですが、基本的に必要最小限の日数しか許可されません。また、使用後は5日以内に返納しなければなりません。保険は含まれませんので、自賠責保険が切れていたら新たに加入する必要があります。原則として、仮ナンバーで移動できる範囲は限られています。出発地点と目的地は取得手続きの際に明記する必要があり、その2点を結ぶルート以外を勝手にドライブしたりしてはいけないのがルール。
仮ナンバーはあくまでも、車検その他の作業にどうしても必要となる移動に限って、路上でのクルマの運行を許すというものなのです。詳しくは、最寄りの各行政庁へたずねてみてください。
上記のように、仮ナンバーの取得は大変!車検が切れる前に是非点検を!(車検日数は1日〜2日、代車は予約が必要です。)