>>前の画面に戻る

燃料の入れ間違いは、決して少なくありません。
まず、ガソリン車に軽油を入れた場合、発火性の優れている軽油は激しいノッキングを引き起こし、十分な馬力・トルクの抽出ができず、使い続けるとエンジンが壊れてしまいます。燃料タンクが空っぽで全部を軽油にした場合は、エンジン始動性が悪くなり、黒い排気ガスがでるようになり、やがてエンジンは止まってしまします。ガソリンが半分くらいの量と混合した場合は、パワーが感じられなくなり、アイドリングが不調になります。そして排気ガスが黒くなる傾向になり、ノッキングを起こします。この状態になる前にエンジンの異常に気づけば、たいていは点火プラグの交換ですむものと思われますが、気付かずにそのまま走行してしまうとエンジンが壊れてしまい、高額な修理代がかかってしまいます。(点火プラグの点検交換料はメンテナンスメニューをご覧下さい。)
一方ディーゼル車にガソリンを入れた場合は、最初のうちはエンジンはかかっていますが、すぐに力がなくなってきます。エンジン音は高くなってアイドリングも不安定となり、排気ガスは白くなってきます。この場合、エンジンのダメージが少ないうちに気づけばその後も使用可能ですが、長期に使用した場合には、ポンプ系統が焼き付き、噴射ノズルなどは交換が必要になります。鎌田自動車では、噴射ノズルの交換も行っております。
いずれの場合も著しい症状があらわれますから、すぐに燃料を入れ間違えたことに気づくはずです。間違えに気付いたら運転をすぐに止めて、給油したガソリンスタンドに連絡をとりましょう。